要介護者の移動の介助(ストレッチャー)

ストレッチャーで移動するときは、介護者が頭部側を押すことで、
利用者(要介護者)の状態観察が行いやすく、
利用者は進行方向に視野が広がるため、
安心できるので、利用者の足のほうから進んでいくようにします。

 

進むときには、床の段差や障害物に注意しながら、
スピードを出し過ぎないように心がけましょう。

 

利用者が不快な気分にならないように、
声かけをしたり、下り、上りの斜面のときの進む方向に気をつけてください。

ストレッチャーで斜面を移送する方法

ストレッチャーで斜面を移送するとき、坂を上るときは頭を先に、
坂を下るときは、足のほうを先に移動するようにします。

 

頭部が低くなると、血液循環に変化が起きたり、
臓器への圧迫が加わるなどし、
不快感や不安定感が強くなります。