要介護者の緊急時の対応

倒れていた人を救助するとき

 

倒れていた人を救助するとき、意識確認を行いますが、
そのとき、身体をゆすってはいけません。

 

これは、頭部や頸部の怪我があり、
出血している可能性もあるからです。

 

人が倒れていたときは、その人に近づき、片方の手を額に当てて、
他方の手で方を叩きながら、顔を見て、
「もしもし大丈夫ですか?」などと呼びかけます。

 

呼びかけに対して意識がある場合は、
まぶたや手などに動きがあるでしょう。

 

倒れている人に意識確認を行い意識がなかった場合

 

倒れている人に意識確認を行った場合で、
意識がなかったら、心配蘇生法を実施します。

 

心配蘇生法は、「ABCD」の順序で行います。

 

A: Airway(気道確保)
B: Breathing(人工呼吸)
C: Circulation(心臓マッサージ)
D: Defibrillation(除細動)

 

気道確保

 

意識がないときは、舌が落ち込んでいたり、
吐いたものや食べ物の塊が喉に詰まっていたりします。

 

そうすると呼吸ができません。

 

空気の通り道を作ることを「気道確保」といいます。

 

人が倒れていて、意識がない場合は、
空気が肺までよく通るように、気道がふさがった状態を解消し、
意識を取り戻せるようにします。

 

・気道確保の方法(頭部後屈あご先挙上法)

 

(1) まず、口の中を調べます。

 

 指を交差させて親指を上の歯に、人差し指を下の歯に当てて開きます。

 

(2) 異物をかき出す

 

 異物や分泌物がある場合は、顔を横に向けて、ハンカチなどを巻いてかきだします。

 

(3) 顎を上げて頭を後にそらせる

 

 人差し指と中指をあごの先に当てて、もう片方の手を額に当てます。

 

 下あごの先を持ち上げるようにしながら、額を静かに後に押し下げ、
頭を後に反らせます。

 

(4) 呼吸を確認する

 

 気道を確保した姿勢で、顔を対象者の胸に向けて、
耳や頬を鼻や口に近づけ、胸の動きを見て、呼吸の音を聞き、
吐く息を感じて、呼吸の確認をします。

 

AED(自動体外式除細動器)使用して心肺蘇生法を行うときの手順

 

傷病者の発生(周囲の観察・全身の観察)

 

→意識の確認(あり/観察する、なし/協力者を求める)

 

→協力者を求める(119番・AEDの依頼)

 

→A: Airway(気道確保)

 

→呼吸の確認(あり/回復体位へ、なし/人工呼吸)

 

→B: Breathing(人工呼吸を2回)

 

→C: Circulation(心臓マッサージ30回と人工呼吸2回)

 

→D: Defibrillation(AED除細動器を作動)

 

→傷病者が動き出すか、救急隊に引き継ぐまでCirculation(心臓マッサージ30回と人工呼吸2回)を繰り返す

 

→救急隊へ引き継ぐ

 

回復体位

 

回復体位は、意識はないものの、十分な呼吸をしている場合に行うもので、
吐物による窒息を防ぐために行います。

 

回復体位では、下あごを前に出し、上側の肘と、膝を軽く曲げて、
上側の膝を90度くらい曲げて後に倒れないように横向きにします。

 

傷病者の表情を確認しながら行いましょう。

 

カーラーの救命曲線

 

フランスの救急専門医カーラーは、
「応急手当の重要性」として「カーラーの救命曲線」を報告しました。

 

このカーラーの救命曲線は、事態が緊急であるほど、
早く適切な処置をする必要があるというものです。

 

放置時間が長かった場合は、
手当の意味がないということではありませんが、
少しでも蘇生の可能性がある場合は、積極的な対応が必要です。

 

人工呼吸

 

人工呼吸は、まず、気道確保で額を押さえていた手をずらし、
指で対象者の鼻をつまみます。

 

ゆっくりと一秒ほどかけて、
対象者の胸が軽く膨らむ程度に息を吹き込みます。

 

一回目の吹き込みで胸が上がらなかった場合は、
2回目を行う前に、頭部後屈あご先挙上法をやり直し、
その上で息を吹き込みます。

 

ですが、注意点として吹き込みは失敗しても2回までとし、
心臓マッサージを優先します。

 

人工呼吸に時間をとられ、心臓マッサージの開始が遅れないようにしましょう。

 

息を吹き込むときは、感染予防のためにフェイスシートや、
一方向弁付吹き込み用具などを用いることが推奨されています。

 

しかし、感染防護具を持っていないことも多くあります。

 

傷病者に口腔からの出血がある場合など、
口と口の人工呼吸がためらわれる場合は、
人工呼吸を省略し、すぐに心臓マッサージを始めます。

 

心臓マッサージ(胸骨圧迫)

 

心臓マッサージは、対象者の胸のよこに膝をついて、
片方の手の付け根部分、手のひらの基部を胸骨上におき、
その上にもう一方の手を重ねます。

 

その状態で、両肘を伸ばし、脊柱に向かって垂直に体重をかけて、
4〜5cm胸骨を押し下げます。

 

マッサージの速さは、100回/分の速さで、30回行います。

 

AED(自動体外式除細動器)

 

AED(自動体外式除細動器)は、心室細動を発症した場合の、
救命措置として用いる医療機械です。

 

心臓に電気ショックを与えることができ、除細動を行います。

 

日本では、一般市民であっても、
救命のためであればAED(自動体外式除細動器)を使うことができます。

 

・AED(自動体外式除細動器)の使い方

 

(1) 電源をONにする。

 

    その後は、音声の指示に従います。

 

(2) 電極パットを装着する。

 

    電極パットの1枚を胸の右上(鎖骨の下で胸骨の右)に貼り付け、
   もう一枚を胸の左側(わきの下5〜8cm下、乳頭の斜め下)に貼り付け、
   肌に密着させます。

 

(3) 心電図の解析を待つ。

 

   「傷病者から離れてください」という音声指示とともに、
   心電図の解析を自動的に始めます。

 

   心肺蘇生(心臓マッサージ)を中断し、50cm〜1mくらい離れます。

 

(4) 電気ショックと心肺蘇生をする。

 

   「電気ショックが必要です。」という音声指示があったら、
   自動的に充電が始まります。

 

    数秒後に充電が完了し、「ショックボタンを押してください。」
   とアナウンスされ、充電完了の連続音が流れ、
   ショックボタンが点滅します。

 

    傷病者に誰も触れていないことを確認してから、
   ショックボタンを押します。

 

    電気ショックを行った後や、「ショックは不要です。」と、
   音声指示があった場合は、心肺蘇生を行います。

 

嘔吐がある場合は側臥位に

 

嘔吐がある要介護者(利用者)さんは、側臥位になってもらいます。

 

横向きの体位にすることで、吐物が自然に外へ流れで安くなり、
窒息も防ぐ事ができます。

 

意識がなく、呼吸をしていると、
普通に仰向けに寝かせていると、吐物によって窒息することがあります。

 

横向きにして、下あごを前に出し、上側の肘と膝を曲げ、
回復体位をとってもらいましょう。

 

骨折したときは、添え木をあてる

 

添え木(副子)は、骨折の上下の関節を十分覆うことができる
長さ、強さ、幅のものを選びます。

 

骨折すると、激しく痛んだり、腫れたりします。

 

また、変形が認められる場合もあります。

 

・皮下骨折(単純骨折)

 

皮下骨折とは、骨が皮膚の中で折れている場合です。

 

骨折部を正常な状態に戻そうすれば、
神経や血管を傷つけてしまうかもしれません。

 

ですから、骨折部を安静にし、骨折した末梢を観察できるように、
靴下や靴、手袋を脱がせた上で、副子固定を行います。

 

・開放性骨折(複雑骨折)

 

開放性骨折とは、骨が折れて、その折れた骨が皮膚を突き破り、
外に飛び出している状態のことです。

 

このとき、外に飛び出している骨は、決して元に戻してはいけません。

 

衣服が骨折部を締め付けるようであれば、
衣服を脱がせたり、傷の部分まで切り広げてから傷の手当をし、
副子固定を行います。

 

傷の手当では、ティッシュや綿を使用すると、
細かい線維が傷に入り込み化膿することがあるので、
これらの使用は避けましょう。

 

誤嚥の対処法

 

誤嚥とは、喉や気管内でものを詰まらせることです。

 

ものがつまり、激しく咳をしてむせているようなら、
咳と一緒に詰まったものが吐き出せるように促します。

 

物理的に、誤嚥したものが下に落ちるように、
誤嚥を起こした場合は、頭を胸よりも下げて、背部を叩きます。

 

そのほかに、誤嚥のときに、詰まったものを吐き出させる方法として、
以下のような方法があります。

 

・指拭法

 

誤嚥を起こしたとき、口の中に物が見え、手で取り出せそうなときは、
顔を横に向けてハンカチ等を指に巻きつけ、
口の中に入れて、指でかき出します。

 

・背部叩打法

 

誤嚥を起こし、喉などに物が詰まっているときの、背部叩打法は、
対象者の頭をなるべく低くし、胸をもう一つの手で支え、
もう一方の手で肩甲骨の間を続けて叩くという方法です。

 

・ハイムリック法

 

誤嚥を起こし、喉などに物が詰まっているときの、ハイムリック法は、
腕を対象者の後ろから抱えるように回して、
片手で握りこぶしをつくり、対象者のみぞおちの少し下に当てます。

 

そして、その上からもう一方の手で握って、
瞬間的に、上・内側方向に手を押し上げます。

 

・側胸下部圧迫法

 

誤嚥を起こし、喉などに物が詰まっているときの、側胸下部圧迫法は、
仰臥位または腹臥位にして、指を広げた手を側胸下部(肋骨の下)に手を置き、
下・内側方向に瞬間的に強く引き絞るようにして圧迫するという方法です。

 

 

いずれの場合も、人を呼び、救急車の手配等を行いながら、実施します。

 

やけどをしたときの対処法

 

火傷をしたときは、冷たい水などで30分ほど、
痛みがなくなるまで冷やす事が大切です。

 

衣服を着た状態で火傷をしたときは、
衣服の上からすばやく冷やしていきます。

 

衣服を脱がそうとすると、熱がドンドン伝わり、
やけどが重症化しますし、服と一緒に皮膚がめくれてしまいます。

 

火傷は、皮膚に高熱が加わり、火事が起こっている状態ですから、
なるべく早く冷やし、火傷の深さや、広さを軽減させることが大切です。

 

水泡ができてしまった場合は、その水泡には触らないようにします。

 

水泡を触って破ってしまうと、痛みが増し、
細菌による感染を起こしてしまうことがあるからです。

 

また、低温やけどにも注意が必要です。

 

たとえば使い捨てカイロや湯たんぽなど、
40〜50度の熱さのものでも、通常のやけどと同じような症状が現れます。

 

低温火傷は、水で冷やしても意味がありません。

 

専門医の治療を受けましょう。

 

やけどの程度

 

やけどの程度は、「深さ」と「広さ」の両方で見極めます。

 

・深さ

 

I度(表皮): 表皮の発赤がみられ、ひりひり傷む。

 

U度(真皮): 水泡ができ、強い痛み、灼熱感がある。

 

V度(全層): 皮膚が白くなり、こげ、痛みを殆ど感じない。

 

・広さ

 

成人の手のひらの広さが、体表面積の約1%として調べます。

 

火傷の程度が、以下の状態の場合は、救急車を呼び、
専門医による処置を受けなければなりません。

 

 ・U度のやけどで、やけどの体表面積が約30%以上
 ・V度のやけどで、やけどの体表面積が約10%以上
 ・顔のやけどでV度以上のやけど、または鼻毛がこげたり痰が黒くなっている
  (気道熱傷が疑われます)
 ・高齢者や乳児(高齢者や乳児は、火傷の深さがI程度、広さも少なくても、
 重症化することがあります)